COLAM-03_施工プロセスチェックに思うこと。 by Yokomaku

URADO TOPMEMO & COLAM > 施工プロセスチェックに思うこと。

1.施工プロセスチェックとは?


共通仕様書、契約書等に基づき、施工に必要なプロセスが適切に施工されているかを監督職員等が確認する。
公共工事の受注者は、発注者から施工体制が施工体制台帳の記載と合致しているかどうかの点検を求められたときはこれを受けることを拒んではいけません。
(入札契約適正化法第13条第2項)

2.施工プロセスチェックで重大な指摘事項があると・・・


・工事成績評定が悪くなる。
・契約解除
・指名停止
・建設業許可の取り消し


3.H22年度で指摘の多い項目はなにか?まとめてみました。(点検項目は、施工体制29項目・施工状況39項目あります。)


指摘事項の多い項目 第5位


考査項目 建設業許可を受けたことを示す標識を公衆の見やすい場所に設置し、監理技術を正しく記載しているか?

指摘内容 
・下請業者の建設業許可標の掲示を忘れた。
・新たに契約した下請業者の建設業許可標の掲示を忘れた。
・下請業者の許可内容の誤り。
・風で飛んでいった。
縦25cm×横35cm以上。A3、B4サイズはOK!(H23.12.27改訂)
許可を受けた建設業の欄には、元請業者は受けている許可をすべて記入。下請負業者は受けている許可のうち請け負った工事の施工に必要な許可を記入!
工事現場に掲示するもの
建設業許可票 労災保険関係成立票 建設業退職金共済制度加入現場ステッカー 施工体系図 作業主任者

指摘事項の多い項目 第4位


考査項目 重機操作で、誘導員配置や重機と人との行動範囲の分離措置がなされた点検記録等があるか?

指摘内容 
・車両系建設機械の作業計画書が整備されてない。
・車両系建設機械の作業計画書に分離措置の記録がない。
きれいにファイルに綴じてある書類よりも、実際に作業する人のサインなどが手書きで書いてあるほうが、活用されている感じで好印象!

指摘事項の多い項目 第3位


考査項目 施工体制台帳を現場に備え付け、かつ、同一なものを提出したか? (施工体制台帳全般)

指摘内容 
・現場事務所にはあるが、提出していない。
・発注者と受注者の契約書を綴じていない
・契約書、注文書、注文請書、約款などが揃っていない。
・保険証など本人確認できる書類がない。
・記載ミスが多い。

指摘事項の多い項目 第2位


考査項目 保安施設等の整理・設置・管理が的確であり、記録があるか?

指摘内容 
・使用機械、車輌などの点検はしているが、保安施設の点検はしていない。
・点検はしているが記録がない。

指摘事項の多い項目 第1位


考査項目 作業員の休日の確保を行った記録が整理されているか?
指摘内容 
・休日は定めているが、本当に休んでいるか確認していない。
・そもそも、なぜそんな事をするかわかっていない。
出勤簿での管理が理想

0 施工体制台帳の点検に良くある指摘事項

元請け

■施工体制台帳記載事項
 ・元請記載の建設業許可業種欄に許可を受けている業種が全て記入されていない。
 ・発注者名及び住所が本官契約でありながら事務所になっている。
 ・健康保険等の加入状況において、健康保険と厚生年金保険の事業所整理記号及び事業所番号が正しく記載されていない。
 ・雇用保険では、労働保険番号を記載することになっているが、事業所番号を記載している。
 ・発注者の監督員、受注者の現場代理人、受注者の監督員、下請の現場代理人の権限及び意見申出方法について、記載していなかったり、添付されている契約書との整合が取れていないなど記入間違いが多く見られた。
 ・監理技術者の資格欄に国家資格等で記載されていなかったり、未記入のものもあった。
 ・直営作業を行っていながら専門技術者欄に記載されていない。
■添付書類関係
 ・契約書類の一部(特別契約、契約約款)が添付されていない。また、全く添付されていないものもあった。  ・監理技術者の「資格者証」、「講習終了証」の写しが添付されていない。
 ・点検時に監理技術者資格者証の有効期限の切れているものが添付されていた。
■施工体系図
 ・主任技術者と現場責任者の区分がされていない。
 ・元請・1次下請・2次下請等とのつながりが実線で記載されていない。
■工事担当技術者台帳
 ・添付されていないものがあった。
 ・元請・1次下請・2次下請等とのつながりが実線で記載されていない。

下請け

■施工体制記載事項
 ・工事内容を記載していない
 ・施工に必要な建設業許可業種以外も記載している。
 ・健康保険等の加入状況において、健康保険と厚生年金保険の事業所整理記号及び事業所番号が正しく記載していない。
 ・雇用保険では、労働保険番号を記載することになっているが、事業所番号を記載している。
 ・現場代理人の「権限及び意見申出方法」に記載している条項が添付の下請負契約書とあっていない。
 ・下請負において、主任技術者の資格と当該請負工事の建設業種があっていない。
 ・安全衛生責任者が記載されていないものがあった。
■添付書類関係
 ・注文書、注文請書が添付していないもの、契約約款が添付されていないものがあった。
 ・主任技術者の資格で、合格後の実務経験が必要な場合に、実務経験を証明する書類がない。
 ・下請の主任技術者で、「10年以上の実務経験」の資格で、実務経験年数が「120ヵ月」に満たしていない。
 ・実務経験の内容が具体的に記入していないもの、実務経験の期間が月単位で記入していないもの、対象となる工事   業が記入していないものなどの不備があった。
 ・実務経験証明書の証明者との雇用関係が不明確なものがあった。
■その他
 ・全般的に記入ミスや書類の不足などの不備が多い。
 ・台帳として不要と思われる書類の添付が多い。(作業員名簿、現場責任者の資格・雇用証明等)

TOPへ