厚賀町史

URADO>>どんぐりかいぎ>>

第一章 年表


年号 西暦 門別町のできごと 厚賀町のできごと
明治 三年 1871 仙台藩家臣、九十名、佐瑠太に移住する
〃  四年 1872 彦根藩家臣、一二〇戸、二三四名、本町等に移住
〃 一〇年 1878 門別に寺小屋式教育開かれる
〃 一二年 1880 佐瑠太に教育所開設される
〃 一四年 1882 戸口調査、三六二戸、一五四九人
〃 二〇年 1887 佐瑠太に警察分署設置される。
飯田信三、帆舟をもって函館-門別間の物資輸送にあたる。
中村与吉が浜賀張(松兼寺川向い)に定着する
山本森太郎が豊田に入地する(本町の開祖者)
〃 二二年 1889 佐瑠太戸長役場、警察分署を門別に移す
〃 二三年 1890 柴田安太郎が戸長となる
〃 二四年 1891 福島耕叟戸長となる
〃 二五年 1892 山本勝三郎が豊田に入地する
〃 二六年 1893 苫小牧-佐瑠太間に国道開かれる
岩根静一が門別郵便局を開設する
〃 二七年 1894 瀬島新平が戸長となる                       川島徳一、山本理平、林条一、藤野小吉、豊田に入地する
〃 二八年 1895 佐瑠太-高江間に国道開さくされる
佐瑠太橋架橋される                       
古川弥平、浅山直が豊田に入地する
明治三〇年 1897 門別小学校厚賀分校設置される
〃 三一年 1898 大水害、死者二十九名、耕地二五〇〇町歩、佐瑠太小学校流失する
沙流産牛馬組合設立される
小田平左エ門、林一広、田端徳エ門、森永秀蔵、安達若次郎、森永新左エ門、厚賀に入地する。
「ガン丸」函館より荷物初入荷、池田直次郎移住
大水害、厚賀川氾濫する
〃 三三年 1900 庫富、豊郷、清畠に小学校開校する
門別町消防組を組織する
厚別尋常小学校となる
〃 三四年 1901 赤無簡易教育所設置される
厚別郵便局開設される(三等郵便局)
厚別神社創建される
水田耕作始まる
〃 三五年 1902 西田右一郎、戸長となる
村農会設立される
厚賀一致会設立される(旧民力涵養実行組合)
厚別川に初めて橋が架けられる
〃 三六年 1903 沙流購買販売組合設立される
門別小学校に高等科併置される
星野権蔵、川崎船をもって函館-厚賀間に物資輸送に従事する
〃 三七年 1904 賀張小学校開校する
中村乙松、雑貨店開業する
〃 三八年 1905 長谷川葆光、戸長となる
門別酒造組合設置される
〃 三九年 1906 小荒井澄、戸長となる
〃 四十年 1907                                    天理教、北厚宣教所設置される
池田直次郎、雑貨店開業する
厚賀に駐在所設置される
〃 四一年 1908 門別-広富間に国道開さくされる
〃 四二年 1909 ニ級町村制施行され、初代村長に小荒井澄がなる
戸口調査記録、八〇三戸、四〇六三人                
厚賀に門別消防組第四部設置する(片手押ポンプ一台)
第一回村会に、山本森太郎当選する
明治四三年 1910 町内各河川に灌漑溝堀さくされ経済調査実施される
森林軌道、佐瑠太まで延長される                  
郵便電信業務開始される
有馬猛吉が医院を開く(苫小牧病院より)
大正 元年 1912 沙流漁業組合設立される
門別に電話開通する
戸口調査記録、一〇八七戸、五六六二人
〃  二年 1913 佐瑠太駅開設される
竹内栄美、二代村長となる
長田俊一、造材初める
〃  三年 1914 慶賀小学校開校する 矢島清吉造材事業初める
〃  四年 1915 石黒茂治、三代村長となる
広富小学校開校する
弘専寺説教所創立する
〃  五年 1916 戸口調査記録、一四一六戸、六五一三人 郵便保険業務開始する
〃  六年 1917 連合青年団結成される 宮坂進太郎、村議会議員になる
〃  七年 1918 鈴木廉三郎、四代村長となる
納税組合結成される
〃  八年 1919 松本栄次郎、五代村長となる
農業実行組合、道路保護組合、衛生組合結成される
富川、本町、厚賀に電気点灯する
正和小学校開校する
賀張仲買組合設立される
厚賀に電気点灯される(沙流電気株式会社)
池田直次郎、今三次郎、二名村会議員となる
〃  九年 1920 佐瑠太-浦河間に定期自動車運行する 山内多市、ハイヤー一台購入、東西に走る
〃 一〇年 1921 戸口調査記録、一七二五戸、八六三六人
水田、七六五町、畑、四四八三町
自転車初めて池田直次郎購入する
賀張釣業組合設立する
〃 一一年 1922 清畠小学校開校する 谷崎亀松、獣医師開業する
〃 一二年 1923                                    厚賀消防組設立。初代組頭は遠藤善蔵(小型手押腕用ポンプ一台設置)
大正一三年 1924 白鳥論次郎、六代村長となる
佐瑠太-厚賀間に拓殖鉄道開通し、門別、波恵、慶能舞厚別駅が開設される
門別村教育委員会設置される
厚賀まで鉄道開通する
〃 一四年 1925 高木勉、七代村長となる               厚賀に電話開通する
昭和 元年 1926 戸口調査記録、一八〇三戸、八七六二人
〃  二年 1927 前川外吉、消防自動車寄附する 門別消防組、第三分団となる
〃  四年 1929 一級町村施行され、初代(八代)村長は前川外吉 賀張漁業組合設立される。組合長は山本滝平
消防第三分団、初代団長、中川為次郎、森田式手押腕用ポンプー台設置(村民の寄附による)
〃  五年 1930 戸口調査記録、二一七二戸、一一〇九八人
厚賀に変電所設置される
厚賀に上水道施設される
郵便局舎新築される
〃  六年 1931 菊地貞、九代村長となる オートバィ初めて入る。小野貞樹医師購入
オート三輪車初めて入る。安田敬吉購入
厚岸へ流網十二隻初めて出航する
〃  七年 1932 農業経済更生五ケ年計画樹立される 市内電話開始され十二戸加入する
〃  九年 1934 門別台地に由仁団体酪農建設のため一七戸入植する
富川に林産物検査所設置される
賀張泉ケ丘養鱒場完成する
〃 一〇年 1935 戸口調査記録、二一五四戸、一一二一五人 一〇、二六厚賀に大津波あり、踏切以東賀張全滅
〃 一一年 1936 字名、地番の改正実施される
役場庁舎新築される
一〇、 五厚賀鉄道橋上にて七名轢死事故あり
トラック四台木材運搬のため初めて入る
〃 一三年  1937 馬政計画発表され乗馬、輓馬の有能生産地に指定される   
昭和一四年 1939 門別町警防団第三分団となる。中村精二団長となる
〃 一五年 1940 町内会、部落会、隣組制度組織される
戸口調査記録、二一九六戸、一一五三〇人
〃 一六年 1941 各小学校、国民学校と改称される 特定郵便局になる
厚賀に林産物検査所設置される
消防自動車(前川号)初めて当町に入る(借用車)
〃 一七年 1942 福満ウヨッぺ沢でシシャモ、キウリのふ化が行なわれる
門別町森林組合設置される
帝室林野局札幌支局厚賀出張所となり御料牧場より分離される
五、一 東川に帝室林野局元神部苗畑が新設される
〃 一八年 1943 一、二級町村制廃止、普通町村制施行される
村長に菊地貞引継ぎ就任する
軍用材、二万二千石搬出される
〃 一九年 1944 門別農業会設立される
〃 二〇年 1945 米機の空襲を受け、当町沿岸住宅戦災をうける
松本末吉、一〇代村長となる 
戸口調査記録、二三九八戸、一二七一二人
東京都緊急疎開者集団帰農者として福満に一九戸入植
四、一九厚賀沖にて大成丸輸送船撃沈される
役場出張場所新設置される。現在津田氏宅跡
七、一五グラマン四機空襲をうける
〃 二一年 1946 門別消防団を組織し、常備部を設け、分団制となる
 
門別消防団厚賀第三分団となる
五月満洲開拓団引揚者が太陽に入殖する
〃 二二年 1947 第一回公選村長に松本末吉当選する
鳩内小学校開校する
帝室林野局は農林署に移管となり、札幌営林局厚賀営林署発足する
厚賀漁港測量される六、三制の新設教育制度実施
五月一日門別村立厚賀中学校開校
厚賀小学校開校五十周年記念式典挙行
〃 二三年 1948 緑丘、幾千世小学校開校する
引揚者住宅建設される
門別、富川、厚賀農業協同組合設立される
富川に役場支所設置される
厚賀役場出張所を支所として現在地に建設される
厚賀漁港着工する
昭和二四年 1949 門別に「わかば保育所」開設される
本町に林産物検査所設置される
静内農高校富川分校開校する
里平小学校開校する
中学校第二期工事完成。六学級編制となる
厚賀漁業協同組合独立する
四月三日中学校第一期工事完成する
厚賀農業協同組合設立する
〃 二五年 1950 富川に「ふたば保育所」開設される
戸口調査記録、二八七一戸、一五六一〇人
村税条例制定される
富川に定時制高校開校する
〃 二六年 1951 農業委員会発足するる
豊田(タービン式)消防車入る(半分村民寄附)
北海道富川高等学校厚賀分校設立認可され
〃 二七年 1952 町制が施行される
門別町開基八〇周年記念式典が挙行される
門別町土地改良区設定される
教育委員会発足する
富川高等学校通常課程となる。
室蘭土木現業所門別出張所開設される
十勝沖地震により被害多し
小学校現校舎新築落成する
〃 二八年 1953 町立国保病院開設される                     
富川高等学校々舎第一期工事完成する
公営住宅一五戸初めて建設される
苫小牧信用金庫厚賀支店開店される
厚賀営林署の貯木場が駅裏に新設される
〃 二九年 1954 富川高等学校々舎第二期工事完成する               町立国保病院厚賀診療所開設される(現在地)
すずらん保育所開設される(旧中学校々地内)
〃 三〇年 1955 富川高等学校道立移管となる
北海道厚賀高等学校として独立する
〃 三一年 1956 婦人団体連絡協議会結成される
ゲルバー式永久橋沙流川橋完成する
〃 三二年 1957                                    中学校十周年記念式典挙行する
小学校六十周年記念式典挙行する
昭和三三年 1958 現町長、市橋一郎当選する
前川外吉胸像役場前庭に建立する
道南バス太陽まで入る
〃 三四年 1959 門別町新生活運動委員会結成される
一致会、北海道生活文化賞受賞する
〃 三五年 1960 門別町商工会設立される
〃 三六年 1961 富川公会堂完成する
山門別本道開通する
厚賀高等学校創立十周年並に新校舎落成記念式典挙行される
厚賀消防会館新築される
厚賀八幡神社すずらん公園地内に移転する
〃 三七年 1962 漁業協同組合の統合なる
厚賀町民会館完成する
塵芥焼却炉完成する
〃 三八年 1963 門別町中央公民館完成する
門別町開拓パイロット事業始まる
浜賀張より現在の国道完遂する
日産六八〇型消防車一台(町より)入る
〃 三九年 1964 永久橋、厚賀完成する
〃 四〇年 1965 上永道揚水場完成する 厚賀高等学校屋体完成する
〃 四一年 1966 町内の国道全線舗装完成する
町立国保病院の改築なる
〃 四二年 1967 統合門別中学校々舎完成する
産米一〇万俵突破する
小学校七〇周年記念式典挙行する
〃 四三年 1968 門別町章制定する
三農協、農業共済、農業委員会創立二〇周年記念式典挙行する
棚川忠雄名誉町民となる
門別富川電報電話局落成する
農免道路(清畠-賀張間)完遂する
地籍調査事業始まる
統合のため厚賀中学校廃校となる
九、三〇旧厚賀中学校及び旧賀張中学校を統合。厚賀中学校を新設する
一一、一 統合中学校々舎第一期工事開始する
豊田ジープ消防車一台入る
自動電話となる
〃 四四年  1969 富浜漁港着工する   町立国保病院厚賀診療所の改築なる
昭和四四年 1969 公営住宅、三一戸完成する
青少年会館落成する  
中学校統合校舎第二期工事開始
〃 四五年 1970 門別灯台完成する
公営住宅五四戸完成する
統合厚賀中学校々舎完成する 九、二六 落成記念式典挙行する
〃 四六年 1971 養護老人ホーム「日高長生園」完成開園
農免道路(豊郷-清畠間)完工する
町営富川球場完成する
日高乳業K.K日高工場完成操業する
富川小学校第一期工事完成する
公営住宅五二戸完成する
門別地区灌漑排水、庫富ダム完成する
厚賀高等学校創立二十周年記念式典を挙行する
郵便局舎国道筋に新築される
〃 四七年 1972 門別町百年、町民憲章の制定、町民の歌選定される
緑丘、新生活実践会全国住民活動賞、北海道社会貢献賞を受賞する
〃 四八年 1973 富川小学校完成する
厚賀営林署新庁舎完成する
日高西部消防組合厚賀分遺所となる
〃 四九年 1974 賀張金昆羅神社が築港横に移転なる
〃 五十年 1975                                    厚賀町の歩み発刊する


TOPへ