郷土史 空撮写真で見る日高門別の変遷

URADOHeimatkunde

20141126公開

空から見る日高門別の移り変わり ~空撮写真で見る日高門別の変遷~

題:第4回イベント どんぐりかいぎ木育教室 in 門別小学校
時:2014年11月28日(金)
場:門別小学校
先生:神藤 直樹/生徒:小学校五年生26名
作成:どんぐりかいぎ実行委員会


PowerPoint PAGE-01

凡例 ★:クリックしてアニメーションを進める。 ◆:クリックして頁を進める。

どんぐりかいぎ実行委員会の神藤といいます。
いつもは、日高自動車道で土木の工事をしています。
今日は、私が土木の仕事で使っている、 写真やソフトで みなさんの町「日高門別」を 空から見て、
昔の日高門別がどんなだったか、
そして、時間とともにどのように発展して 現在の形になったか 見てゆきましょう。◆

PowerPoint PAGE-02

昭和19年の空から見た門別の写真です。
今から70年前のことです。
この頃は、アメリカと日本が戦争をしていました。
★ 黄色い線は鉄道の日高線です。
日高門別駅は、ここです。
鉄道の通っているところは、今と変わりません。 道路をみてみます。
このころは、自動車はほとんど走ってなかったでしょう。

今の役場を中心に
苫小牧に行く道路★
正和(しょうわ)へ行く道路★
静内に行く道路★
がありました。家もまばらですね。
今ある、国道235号線は、★ この紫の線にあるはずですが、 まだ無いようです。

さて、 みなさんの門別小学校は、★ 緑町にないようです。
★ ちなみに、緑町は この頃西門別と呼ばれていました。

(※画像はすぐ切り替えない)◆

PowerPoint PAGE-03-1

約10年たって、昭和28年になりました。
★かなり家が増えて町が発展したのがわかります。★


PowerPoint PAGE-03-2

★10年前は、こんなに家が、まばらでした。(ページ02のワイプ)★

★旭町のあたりの木が切られて、開拓されています。このころ旭町は旭ケ丘と呼ばれていました。★
★10年前は、こんな感じでした。(ページ02のワイプ)
★ もともと日高門別にはカシワの森が一面に広がっていたと言われています。
その森を、祖先の人たちが牧草地として開拓し、現在の日高門別の風景ができあがっています。

PowerPoint PAGE-03-3

まだ、今ある国道は通っていません。

★門別川に架かる橋は鉄道と役場前の通りの橋だけです。
★門別川に注目してください!海にまっすぐ流れないで蛇行しています。
さらに十年たつとどうでしょうか。

(※画像はすぐ切り替えない)◆

PowerPoint PAGE-04

昭和38年になりました。 日高門別川ですが★

10年前は蛇行していた川が海にまっすぐ流れています。★

(※画像はすぐ切り替えない)◆

PowerPoint PAGE-05

さらに、10年たって 昭和48年になりました。
みなさんのお父さんお母さんが産まれた頃でしょうか。
わたしも、昭和45年生まれなので、みんなと同じような年の子供がいます。
★やっと、今の国道があります。国道が開通したのは昭和44年です。
★小学校の場所には、昔の校舎があるようです。
★海岸線を見ると、漁港はまだありませんね。

(※画像はすぐ切り替えない)◆



PowerPoint PAGE-06

3年たって、 昭和51年になりました。 写真がカラーになって見やすいです。

★やっと、今の小学校の校舎が完成したようです。

★中学校もはっきりわかります。

(※画像はすぐ切り替えない)◆

PowerPoint PAGE-07

さらに30年経ちました。 現在の日高門別です。

★漁港ができてますね。

(※画像はすぐ切り替えない)◆

PowerPoint PAGE-08

もっと広い範囲を見てみると
★高速道路の日高自動車が開通しているのがわかります。

(※画像はすぐ切り替えない)◆

説明をなかむらさんに変わります。

PowerPoint PAGE-09-1

■ QGIS ■

最後に、現在の日高門別の空撮写真を使って、
どこに、どのような森が残っているかを見てみましょう。

空中写真でみると森は同じように見えますが、 実は生えている木の種類が違います。
例えば、先ほどみんなで行った門別自然公園は、カシワの林でした。
★他にもカシワの林は茶色の部分がそうです。

日高門別にはカシワの林が多いですね。
このほかにも、



PowerPoint PAGE-09-2

■ QGIS ■

★黄色の部分は、ミズナラやコナラなどのカシワ以外のドングリの林になっています。
このようなことが、土木の技術の一つである、
GIS(ジーアイエス)を使うと簡単に調べることができます。

それでは、このあと、 別の、土木の技術を使って、
日高門別を鳥のように空から見てみましょう

PowerPoint PAGE-10

■ InfraWorks_video ■

はじめに、門別小学校に近付いてみましょう。(20秒)

そして、先ほどみんなで行った、富川自然公園に移動します。(20秒)
山のようになっているのがわかります。

一度高い位置にあがって、北の方に向かうと、日高自動車道が見えてきます。(20秒)
新しくできた日高富川インターチェンジです。

このように空から見ると、高速道路は土を盛ったり、山を削ったりして作られていることがよくわかりますね。(20秒)

最後にまた、学校に戻ってきました。 このビデオをつくったソフトは、中休みの時間に、
みんなが触れるようにしておきますので、 興味のある人は使ってみてください。

PowerPoint PAGE-11

《参考》使用した資料など

▼空撮写真
 出典:国土地理院 国土変遷アーカイブ
 出典:Google Map

▼使用したソフト
 Autodesk InfraWorks:土木インフラの予備設計向けの 3D モデリングツール
 QGIS:地理情報の閲覧、編集、分析機能を有する無料のGISソフト

▼参考にしたWEBページ
 日高町ホームページ
 日高町 (北海道) - Wikipedia - 沙流郡
 日高本線 – Wikipedia
 国道235号 - Wikipedia

▼この資料他の公開先
 URADOどんぐりかいぎ



作成に使用したリンク・データ


TOPへ