郷土史 空撮写真から見る厚賀の変遷

URADOHeimatkunde>空撮写真から見る厚賀の変遷

空撮写真から


(出典:国土地理院 国土変遷アーカイブ)
1944年(昭和19年)

厚賀トンネルの周辺の変遷状況を航空写真でまとめました。

まず「厚賀」の地名の由来ですは、かつての「厚別村」と「賀張(がばり)村」の境に当たるため、双方の頭文字から採用された合成地名です。

1944年、昭和19年ですから、太平洋戦争の末期です。

(仮称)厚賀IC建設予定地付近には、すでに農地が広がっており、農地東部・西部には樹林地が苫小牧方面に連続していました。

★海岸沿いの日高本線の前身である日高拓殖鉄道は1924年(大正13年)に開通しており昭和18年より国有化され日高線に改称しています。

★駅の付近から現在の比宇厚賀停車場(ひうあつがていしゃじょう)線沿いに集落が一部点在しているのみであり、宅地開発等はほとんど行われていませんでした。

★現在の国道に架かる厚賀橋はまだ無く、厚別川を渡るルートはこのようになっていました。

(出典:国土地理院 国土変遷アーカイブ)
1971年(昭和46年)

約30年経過しまして、1971年、昭和46年です。

★海岸沿いに浦河国道が設置され、 ★現在の国道に架かる厚賀橋は、昭和39年に架橋されています。 その周辺に徐々に宅地が建設され始めました。

厚賀IC建設予定地付近の農地西部にあった樹林地や厚別川沿いの地域が開拓され、徐々に農地が広がり始めました。

(出典:国土地理院 国土変遷アーカイブ)
1983年(昭和58年)

さらに、12年経過し、1983年、昭和58年です。

厚賀IC建設予定地付近の農地東部にあった樹林地も開拓され、農地が広がり始めています。

またこの頃には、ほぼ現在に近い土地利用形態となっています。

出典:Yahoo!地図)
2013年(平成25年)

2013年(平成25年) ・周辺の樹林が減少し、農地が増えていますが、大半は牧草採取地です。

(仮称)厚賀トンネル開通後、(仮称)厚賀ICが建設されたあとの、土地利用形態の変化に関心が湧き上がります。

参考リンク


  
(1)
TOPへ