エクセル 別シートにリストを作りたいが?


ある程度,Excelが上達するとリストを使い出す人が多いですが、

通常の入力規則の手法では別sheetにリストが作成出来ず,

入力シートの空きスペースにリスト範囲を設定しているものをよく見ます。

それを配布した場合、列や行の削除でリストが破損してしまうことはよくあることです。

そこで、リストが破損しないように別sheetLISTを作成する方法をまとめました。

(雑誌には紹介されていることはまずありません。)


Ⅰ 命名する。

手順-1 LISTの新規sheetを作成し、LISTの元データを入力します。「年」のLIST範囲を選択します。

IMAGE0\.GIF

手順-2 挿入(I) ⇒ 名前(N) ⇒ 定義(D) と進みます。

IMAGE1\.GIF

手順-3 参照範囲(R)に選択範囲が自動発生しているので、名前(W)に”年”と入力し命名(範囲に名前をつけること。)します。


同様に「月」と「日」も範囲指定し命名します。


手順-4 下記のダイアログのように3種類の命名が完了しました。
IMAGE3\.GIF

命名したものは、赤丸の「年」のように表示され確認できます。


IMAGE4\.JPEG


これで下準備は完了です。


Ⅱ 入力規制を設定する。


手順-5 LIST入力する「年」の部分を選択します。(ちなみに、とびとびの選択はCtrlを押しながら選びます。)


手順-6 データ(D) ⇒ 入力規則(L) と進む。



手順-7 下記のようなダイアログが表示されるので、入力値の種類(A)で”リスト”を選択し元の値(S)に=と入力します。(注意:イコールは半角です。)


IMAGE7\.GIF
同様に「月」と「日」も"=""="と入力規則して下さい。

終了です。

下記のようになり完成です。